公益財団法人 茨城県中小企業振興公社

文字サイズ

トップページ 人材を強化したい > いばらき生産性向上人材育成スクール

いばらき生産性向上人材育成スクール

 中小企業における将来のリーダー候補等を対象に,設計から製造,物流までの"ものづくり全体の流れ"を把握しながら,生産現場の改善等を行う能力を,東京大学ものづくりインストラクター養成スクールの指導方法に基づく講義と現場実習を通じて育成することを目的としています。

 

【第3期受講生の募集】

 募集期間:平成29年4月3日(月)~6月30日(金)

 

開催期間
平成29年9月15日(金)~11月18日(土)
 ※毎週金・土曜の計17日間(講義9日間,現場実習8日間)
 ※9月23日(土),11月3日(金),4日(土)は除く。
募集定員
25名程度
募集対象
次の①又は②を満たす方が対象となります。
①中小企業の現役社員
②県内の大手,中堅製造業で豊富な現場経験を有する企業OB
受講料
①現役社員 1名当たり25万円(消費税含む。)
②企業OB 1名当たり10万円(消費税含む。)
関係資料

スクールのプログラム

 東京大学ものづくり経営研究センターのセンター長である藤本隆宏教授の理念「良い設計,良い流れ」のもと,同センターが開発したプログラム(「ものづくり経営学」,「工場実習」等)に基づく指導により,生産現場の改善における基礎から応用までの能力を身につけることができます。

 

カリキュラムの一部

(講義)

・ものづくりの基礎概念       ・競争力と企業のパフォーマンス   ・納期,工程,在庫管理,品質管理

・コストと生産性          ・フレキシビリティー        ・調達管理,設備管理,人事管理

・コンカレント製品開発       ・「IE」,「5S」について    ・目で見る管理

・現場改善の進め方    など

(現場実習)

・受講生4~5人で構成されるチームに分かれ,県内企業で現場改善における実習を行い,講義で身につけた現場改善に
 必要な知識に基づくチームディスカッションにより,多角的な視点から現場改善策を考え,実習先企業に対して改善案を
 プレゼンテーションします。

 

受講生派遣企業へのフォローアップ

 当スクールでは,受講された社員さんが自社に戻られ,社内で改善活動を進める際の「計画づくり」や「課題発見」,「目標設定」等について,フォローアップ活動にて支援させていただきます。

  また,関係する社員さん向けに,スクールで学んだことの要素を知っていただくミニ講座もご要望に応じて行います。

 

スクールの講師陣

 東京大学ものづくりインストラクター養成スクールを卒業した講師が,「ものづくり経営学」,「工場実習」についてわかりやすく講義・指導します。

 このほか,特別講座を通じて経営に不可欠な知識を身につけることができます。

 

スクール校長 本堂 一郎

略 歴

大手メーカーで設計・製品開発業務に従事。県内中小企業の生産性向上,
現場改善等の支援実績多数

東京大学ものづくりインストラクター養成スクール修了

 

【お問合せ先】

 新事業支援課
 TEL : 029-224-5339 FAX : 029-227-2586
 E-mail : sien@iis-net.or.jp